MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



松屋フーズの生パスタ専門店「麦のトリコ」1号店が開業へ

  • URLをコピーしました!




目次

松屋フーズ新業態、生パスタ専門店「麦のトリコ」1号店のオープン

松屋フーズの新業態としての「麦のトリコ」1号店オープンのニュース

日本の有名なレストランチェーンである松屋フーズは、創業以来の新たな試みとして、生パスタを主軸に据えた新業態「麦のトリコ」を神奈川県川崎市に2024年1月31日午前11時にその1号店をオープンし、新しい食文化を創出することを目指しています。特に、「毎日の食事に、パスタを気軽に」というコンセプトのもと、日本人の食卓への新しい選択肢を提示していく方針です。

松屋フーズのソース作りの強みを生かしたコンセプト

松屋フーズは、既にソース作りにおいて高い技術と評価を持っています。これを活かし、生パスタ専門店「麦のトリコ」では、ミートソース、たらこ、ペペロンチーノ、カルボナーラ、トマトソースの5種類を展開します。このソースは3段階の価格設定—968円、1188円、1408円—があり、顧客は自分の好みや予算に応じて選ぶことができます。更に、それぞれのソースには、ベーシックラインから、味の変化球、そして贅沢な素材を使った高級ラインまで、幅広い選択肢が用意されています。

店では、サラダやスープなどのサイドメニューのほか、デザートやドリンクも提供しており、幅広いニーズに対応します。生パスタの品質にもこだわり、デュラム小麦と北海道産小麦の組み合わせ、ビタミンEが普通の卵より10倍多い朝霧高原養鶏場の卵、清涼感となめらかさが特徴の富士山天然水を使用しています。独特の食感を出すため、真空ミキサーで空気を含ませずに高密度の生地を作り上げる技術も導入されています。

この新たな店舗は、座席数21席とコンパクトながら、11時から23時まで(ラストオーダーは22時15分)という長い営業時間で、多様な顧客層を取り込むことを狙っています。

メニューと価格設定

5種類のパスタソースの展開と価格

「麦のトリコ」では、伝統的なソースに新しいタッチを加えた5種類のパスタソースが楽しめます。それぞれのソースには、基本ラインから変化球、豪華なラインまで、3種類の異なる提供方法があります。価格帯は、手頃な968円、スタンダードな1188円、高級感のある1408円となっており、お好みに合わせて自由に選択できまs。

  • ミートソース:王道の味わいを提供し、自然なうま味とコクが特徴です。
  • たらこ:本格的なたらこの風味が際立ち、贅沢な味が楽しめます。
  • ペペロンチーノ:シンプルながらも麺との相性を考え抜かれたレシピです。
  • カルボナーラ:濃厚なグラナパダーノチーズと生クリームが使用され、こだわりの味となっています。
  • トマトソース:トマトの新鮮さを活かしたさっぱりとした味わいが特色です。

これらのソースは、顧客が日常的に楽しむことができるように、それぞれ異なるテイストで展開されています。また、店舗ではパスタ以外にも、サラダやスープなどのサイドメニュー、さらにはデザートやドリンクも幅広く提供されており、客層の多様性に応える食事体験を提案しています。

素材のこだわりと製麺方法

デュラム小麦と北海道産の小麦の組み合わせと全粒粉の配合

「麦のトリコ」では、パスタの素材にもこだわりを持っています。デュラム小麦と北海道産の小麦を組み合わせることで、豊かな味わいと食感を実現しています。さらに、食物繊維を含む全粒粉も配合されており、健康面でも優れた選択肢となっています。

朝霧高原養鶏場の卵と富士山天然水の使用

製麺に使用する卵にもこだわりがあります。朝霧高原養鶏場の卵は、通常の卵よりもビタミンEが10倍含まれており、栄養価が高いことが特徴です。また、富士山天然水を使用することで、パスタの風味や食感にも独特の特徴が加わります。

営業時間と店舗所在地

営業時間と場所の詳細情報

所在地:神奈川県川崎市中原区木月2-8-1 ビジネスホテルすがた101
開業日時:2024年1月31日11時
営業時間:11時~23時(ラストオーダー22時15分)
座席数:21席

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次