MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



チェルシーだけじゃない 明治が製造終了を発表した愛されお菓子たち

  • URLをコピーしました!




目次

概要

2024年は、多くの明治製菓ファンにとって忘れられない一年となりそうです。
特に、長年にわたって愛されてきたチェルシーキャンディーの製造中止が世間を騒がせました。
しかし、実はチェルシーだけではありません。
今年に入って、明治はさまざまなお菓子の製造を終了することを発表し、多くの人々に惜しまれつつもその歴史に幕を下ろしました。
2024年3月には、アイスクリームファンに愛されていた「エッセル スーパーカップ バターサンド味」が販売終了となりました。
このアイスクリームは、バターサンドの味わいを再現したユニークなフレーバーで、その発売以来、多くの人々に愛されてきました。
また、2月にはチョコレート愛好家にとっての悲報が続きました。
リッチな味わいの「明治リッチストロベリーチョコレート」、エレガントな「ピスタチオチョコレートパールホワイト」、そして、冬の定番である「メルティーキッス」シリーズの多くが製造終了となりました。
これには、プレミアムショコラ、フルーティー濃いちご、初摘み濃抹茶、優雅に香るピスタチオ、そしてその大袋サイズやパーティーアソートなどが含まれます。
これらの商品は、特に季節感を感じさせる味わいや、上質なチョコレートの楽しみ方を提案してきた製品であり、その終売は多くのファンにとって大きな衝撃となりました。
果物の味わいを楽しめる「果汁グミ黄金桃」や、ジューシーな「大粒ポイフル」シリーズも2024年1月をもって販売が終了しました。
これらのお菓子は、そのリアルな味わいとジューシーな食感で、子供から大人まで幅広い年代に愛されてきました。
これらの製造終了は、ただ単にお菓子が店頭からなくなるということだけではありません。
それぞれの商品が持つ独特の味わい、楽しみ方、そしてそれを取り巻く思い出までもが、私たちの日常から少しずつ姿を消していくことを意味しています。
しかし、明治のお菓子が長年にわたって愛されてきた理由は、ただその味にあるのではなく、それを通じて私たちが経験した瞬間、瞬間にあるのかもしれません。
製造終了となったこれらのお菓子を偲びながら、新たな明治のお菓子にも期待を寄せていきたいものです。

街角の声

「エッセル スーパーカップ バターサンド味の終売は本当に残念です。あの独特な味わいが好きで、よく買っていました。季節ごとの新しい味を楽しみにしていたので、これからは何を楽しみにしたらいいのか…。」

「メルティーキッスの初摘み濃抹茶がなくなるなんて、信じられないです。あの上品な抹茶の味が大好きで、毎年冬が来ると楽しみにしていました。代わりになるような商品を見つけられるかな…。」

「子供が果汁グミ黄金桃に夢中になっていて、おやつの定番だったんです。健康的なお菓子を探すのって意外と大変で、あれほどの品質と味を提供してくれるものを見つけるのがこれからの課題ですね。」

「大粒ポイフルがなくなるってマジですか?友達とシェアするのにちょうどいいサイズ感で、味もピッタリだったのになあ。新しいお気に入りを見つけるまで、ちょっとさみしくなりそうです。」

「明治のお菓子はどれも個性があって楽しいですよね。製造終了は残念ですが、新しいチャレンジも楽しみです。時代と共に変わるのは自然なこと。新しい商品にどんなサプライズがあるのか、期待しています。」

「ピスタチオチョコレートパールホワイトが終わるなんて、ちょっとショック。独特の味と見た目で、プレゼントにもよく使ってたんですよ。これからはどんなお菓子でサプライズを演出しようかな。」

まとめ

  • 明治のチェルシーキャンディー製造中止に加え、2024年に入って多くのお菓子が製造終了。
  • 2024年3月には「エッセル スーパーカップ バターサンド味」が製造終了。
  • 2024年2月には「メルティーキッス」シリーズや「リッチストロベリーチョコレート」など、チョコレート製品の多数が終売。
  • 2024年1月には「果汁グミ黄金桃」「大粒ポイフル」シリーズが製造終了。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次