MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



ストロング 系 酎 ハイの市場縮小、低アルコール化の流れ加速

  • URLをコピーしました!




目次

概要


厚生労働省が、ビールのロング缶1本を飲むことでも大腸がんリスクが上昇する可能性があるとする新たなガイドラインを発表しました。
このガイドライン発表をきっかけに、特に価格が手頃でアルコール濃度が高めの「ストロング系」酎ハイ製品の市場戦略が再考されています。
アサヒビールとサッポロビールは、既にアルコール度数8%を超える新製品の発売を行わないと公言し、キリンビールも販売戦略の見直しを進めています。
サントリーの対応に対する関心も高まっています。
健康への意識が向上し、アルコール消費を控える若者の増加により、低価格でアルコール度数の高い飲料への需要は低下傾向にあります。
実際に、ストロング系酎ハイ市場は縮小し、2020年の売上は約1365億円に落ち込みました。
これに応じて、アサヒとサッポロはストロング系製品の品揃えを大きく縮小しましたが、サントリーとキリンは依然としてこの分野での強い販売力を維持しています。
加えて、アサヒはビール製品でもアルコール濃度を下げる方向で動いており、アルコール度数3.5%の「スーパードライ」の新バリエーションを市場に投入しました。他
のビールメーカーもこの新しい低アルコールビールのトレンドを密かに注目しています。
アサヒは新製品が好調に売れているとしており、厚生労働省のガイドラインを追い風に、さらなる販売増を見込んでいるようです。

まとめ

  • 厚生労働省が公表したガイドラインでは、ビールのロング缶1本分のアルコール摂取で大腸がんリスクが上昇すると警告。
  • ビール業界は、特にアルコール度数が高く価格が安い「ストロング系」酎ハイの販売方針を再検討している。
  • アサヒビールとサッポロビールは、アルコール度数8%以上の新しい缶酎ハイの発売を行わないと既に発表。
  • キリンビールも販売方針の見直しを進めている。
  • サントリーの対応も注目されている。
  • 健康志向の高まりやアルコールを避ける若者の増加により、ストロング系酎ハイの需要は減少傾向にある。
  • ストロング系酎ハイの市場は縮小し、2020年の販売額は約1365億円に。
  • アサヒとサッポロはストロング系商品の数を大幅に削減したが、サントリーとキリンは引き続き強い販売実績を保持。
  • アサヒはビールのアルコール度数を低くする動きを見せ、「スーパードライ」ブランドで度数3.5%の新商品を市場に投入。
  • 他のビール会社も低アルコールビールの市場動向を注視中。
  • アサヒは新商品の売上が好調で、厚生労働省のガイドラインを受けてさらなる販売拡大を期待している。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次