MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



すし ざんまい マグロ 値段の背景にあった社長の行動力

  • URLをコピーしました!




目次

概要

築地のマグロ初競りで知られる「すしざんまい」の名物社長、木村氏が、ソマリア海賊を一人で壊滅させたという驚きの話があります。
木村社長は、全国に24時間営業の寿司チェーンを展開し、マグロの初競りでの大盤振る舞いで知られています。
ソマリア海賊は、貨物船やタンカーを襲撃し、世界経済に影響を与えていましたが、2011年から被害が減少し、2014年には海賊被害がゼロになりました。
この壊滅の背景には、木村社長の画期的な取り組みがありました。
彼は、海賊たちが実は貧困のために海賊行為に手を染めていることを知り、彼らに漁船を提供し、漁業の技術を教え、魚の流通をサポートすることで、海賊から漁民への更生を促しました。
この取り組みは、ただのビジネスマンではなく、実際に社会問題の解決に取り組む木村社長の姿勢を示しています。
木村社長は、ソマリア沖で良質なキハダマグロ漁場を見つけたことから、海賊と直接交渉し、彼らに漁業の道を提案しました。
彼は、船の提供、漁業技術の指導、冷凍倉庫の使用、販売ルートの確保など、海賊たちが正当な漁民として生計を立てるために必要な全てをサポートしました。
彼の取り組みは、海賊行為がゼロになるという驚異的な結果をもたらしました。
木村社長は、国や国際機関の援助活動がしばしば表面的であることを指摘し、真の問題解決には相手の立場に立って悩みに気づき、実行に移すことの重要性を強調しました。
彼のアプローチは、短期的な利益ではなく、長期的な視点と相手の立場への深い理解に基づいています。

まとめ

  • 「すしざんまい」の名物社長、木村氏がソマリア海賊を一人で壊滅させた。
  • 木村社長は全国に24時間営業の寿司チェーンを展開し、マグロ初競りで知られている。
  • ソマリア海賊は貨物船やタンカーを襲撃し、世界経済に影響を及ぼしていたが、2011年から被害が減少し、2014年には海賊被害がゼロに。
  • 木村社長は海賊たちが貧困のために海賊行為をしていたことを知り、彼らを漁民に更生させるため漁船の提供、漁業技術の教授、魚の流通サポートを行った。
  • 彼はソマリア沖で良質なキハダマグロ漁場を見つけ、海賊と直接交渉し漁業の道を提案。
  • 船の提供、漁業技術の指導、冷凍倉庫の使用、販売ルートの確保など、海賊たちが生計を立てるための全面的なサポートを提供。
  • この取り組みにより、海賊行為はゼロに減少。
  • 木村社長は国や国際機関の表面的な援助活動の問題点を指摘し、真の問題解決には相手の立場に立つことの重要性を強調。
  • 彼のアプローチは短期的な利益ではなく、長期的視点と相手の理解に基づいている。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次