MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



偶然か策略か?「大谷翔平」商標登録で見る知的財産権の複雑さ

  • URLをコピーしました!




目次

概要

ロサンゼルス・ドジャースに所属する29歳の大谷翔平選手の名前が、中国の企業によって商標として申請されたことが話題になっています。
この企業は大谷選手が野球選手であることを知らないと主張し、名前の選択は偶然だと述べています。
中国の商標申請サイトでは、「大谷翔平」という名前の申請が少なくとも2件確認されており、どちらも2023年12月に申請されました。
申請された商標は、Tシャツや帽子などのアパレル商品に関連しています。
申請した企業は、もともと「大谷」というブランド名を使用しており、後に「翔平」という2文字を加えただけだと説明しています。
この企業は、必要であれば商標を譲渡する用意があるとも述べています。
もし「大谷翔平」の商標が認められると、その商標を使用した商品を中国で販売しようとする他の企業は、法的な問題に直面する可能性があります。
このような状況は、中国の市場において大きな経済的影響を及ぼす可能性があります。

過去にもあった中国での商標登録問題

無印良品

良品計画の中国にある子会社が、商標権を持っていないにも関わらず「無印良品」の名前で商品を販売したため、その中国企業から「商標権侵害」と訴えられました。
2017年の初審で負け、上訴したものの、2023年11月4日に二審でも敗訴が確定しました。
中国での商標権を巡る裁判で中国の企業に負け、約1000万円を支払うことになり、支払いも完了しています。

東京スカイツリー

東京スカイツリーは、当初中国語で「東京天空樹」と呼ばれていましたが、名前を「東京晴空塔」に変更することになりました。
この名称変更は、中国での商標登録の問題によるもので、2012年2月までに「東京天空樹」が既に登録されていたことが発覚しました。

まとめ

  • ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の名前が中国の企業によって商標として申請された。
  • 申請企業は大谷選手のことを知らないと主張し、名前の選択は偶然だと述べている。
  • 「大谷翔平」という名前の商標申請が中国で少なくとも2件確認され、2023年12月に申請された。
  • 商標申請はTシャツや帽子などのアパレル商品に関連している。
  • 申請企業は以前から「大谷」というブランド名を使用しており、「翔平」を追加したと説明。
  • 申請企業は商標を譲渡する用意があると述べている。
  • 「大谷翔平」の商標が認められれば、他の企業が中国で同名の商品を販売する際に法的問題が生じる可能性がある。
  • この問題は中国市場において経済的影響を及ぼす可能性がある。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次