MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



時代を超えて愛される江國香織さんの『東京タワー』、19年ぶりに永瀬廉さんと板谷由夏さんで映像化

  • URLをコピーしました!




目次

概要

映像界から新たな息吹を吹き込むことになった『東京タワー』。
江國香織さんの名作が、永瀬廉さんと板谷由夏さんを迎え、19年ぶりに画面で蘇ります。
ここでは、主演の二人と原作者自身がこのプロジェクトに寄せる深い思いを語っています。

永瀬廉さんと板谷由夏さん、『東京タワー』再映像化に込めた熱い想い

永瀬廉さん、禁断の恋に挑む

永瀬廉さんは、初めての恋愛ドラマ主演に興奮を隠せません。
『東京タワー』が描く、許されない愛に心を動かされたと言います。
彼は、過去の映像作品とは一線を画す「令和版」の『東京タワー』を通じて、新たな挑戦に意気込みを見せています。
岡田准一さんと松本潤さんが残した強烈な印象を受け、自身も記憶に残る演技を目指す永瀬。
彼なりの小島透を見つけ出し、未知の表現に挑む覚悟です。

板谷由夏さん、20歳差の恋を演じる複雑な心境

板谷由夏さんは、20歳年下の恋人を持つ役柄に対して、実際に「私で大丈夫か?」と不安を感じつつも、その挑戦に期待を寄せています。
彼女にとって『東京タワー』は、後味の良い余韻を残す作品。
彼女は、詩史として、孤独を知りつつも生きる強さを持つ女性を演じたいと語っています。

原作者・江國香織さん、新たな映像化に期待

原作者の江國香織さんは、この作品の再映像化に対し、大胆な試みとして期待を寄せています。
時代が変わり、東京も変わった今、若い世代のエネルギーをどう映像化するかが楽しみだと述べています。
ドラマでは、小説とは異なる新鮮な視点で、少年たちの成長を描くことになり、東京タワーのヴィジュアルも含め、どのように表現されるかが待ち遠しいとのこと。

街角の声

20代・大学生の女性
「永瀬廉さんが出るって聞いて、すぐに原作を読みました。今の時代にどう映し出されるのか、すごく興味があります。特に、私たち若い世代にも resonating するような、恋愛観がどう描かれるのか楽しみです。」

40代・会社員の男性
「2005年の映画は観たことがありますが、ドラマ化と聞いて新鮮な驚きでした。永瀬さんと板谷さんの新しい化学反応を見るのが待ち遠しいです。大人の恋愛をどう現代的に表現するのか、注目しています。」

40代・主婦
「江國香織さんの作品にはいつも心打たれます。『東京タワー』がまた映像化されるとは、時代を超えて愛される物語なんだと改めて感じますね。ドラマを通じて、どのように現代の視聴者に伝えられるか、興味津々です。」

50代・主婦
「原作を読んだときの感動を、どのように再現してくれるのか。特に、永瀬さんがどのように小島透を演じ分けるのか、興味があります。教育の現場にいると、若者の恋愛観は時代と共に変わっているのを感じますから、その変化がどう描かれるか見ものです。」

50代・主婦
「私たちの世代にも人気のあった『東京タワー』。原作も映画も楽しんだけれど、新しいドラマ版でどう生まれ変わるのか期待しています。特に、東京の風景や時代背景がどのように描かれるのか、興味深いですね。」

50代・主婦
「原作の『東京タワー』は、私にとって特別な作品です。この年になっても、新しい形で楽しめるとは思いませんでした。永瀬君も板谷さんも、役にどう生命を吹き込むのか、私たち世代にも響く物語になってほしいです。」

まとめ

  • 永瀬廉さんが初めての恋愛ドラマ主演で、禁断の恋に挑む。
  • 永瀬さんは『東京タワー』の「令和版」で新たな挑戦に意気込んでいる。
  • 過去の映像作品と異なる新しい表現を目指している。
  • 板谷由夏さんは20歳年下の恋人役に不安を感じつつも挑戦に期待。
  • 板谷さんは作品の後味の良い余韻と、詩史としての孤独と強さを大事にしたいと考えている。
  • 原作者の江國香織さんは、再映像化に対して大胆な試みに期待。
  • 江國さんは時代と共に変わる東京と若い世代のエネルギーの映像化に興味を示している。
  • ドラマは小説と異なる視点で少年たちの成長をテーマにし、東京タワーのヴィジュアルも注目点。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次