MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



福岡の中学生いじめ事件 両親が語るチェーンで縛られ暴行を受けた息子の恐怖と苦悩

  • URLをコピーしました!




目次

概要

2023年9月に、福岡市にあるある私立中学校のバスケットボールチームで悲しい事件がありました。
一人の男子生徒が、年上のチームメイトによってチェーンで縛られてしまい、その結果、暴行を受けました。
この出来事によって、その生徒は学校に行けなくなり、結局退学することになりました。
この生徒のご両親は、カメラの前で初めてこの出来事について話しました。
母親は、息子のバスケットボールへの情熱だけでなく、生きる意欲もこの事件以来停止してしまったと語りました。
父親は、息子が今も人を恐れ、夜に眠れないほどで、暗闇や再び暴行を受けるかもしれないという恐怖に苛まれていると話しました。
母親は、息子が夢に見た加害者の顔を思い出して苦しんでいることを明かし、彼を助けられないことに対する無力感を表現しました。
加害者となった上級生3人は非行の事実で家庭裁判所に送られました。
両親は裁判所で、息子が暴行中に息ができなくなり、死ぬかもしれないと恐怖を感じたこと、また「悪ふざけ」だったと言われ、謝罪も受けていないことなどを伝えました。
両親は学校に対して、公平で中立的な調査を実施し、外部の専門家を含めた委員会の設立を求めていますが、学校はこれに応じていません。
代わりに、学校は内部の委員会にスクールカウンセラーを加えて調査を行っていると述べていますが、両親や生徒からの直接の聞き取りは行われていないとのことです。
この事件により、当時12歳だった少年は、終わりの見えない苦しみと「いじめ」の後遺症に今も直面しています。

2023年9月の報道内容抜粋

福岡市にあるある私立中学校のバスケットボールチームで、1年生の男子生徒が何人かの上級生によって鉄のチェーンで縛られ、平手打ちを含む暴力を受け、顔にけがをしました。
この出来事は練習後の体育館の倉庫で起き、生徒は約2週間の治療が必要なほどのけがを負いました。
その後、この生徒は学校に行けなくなり、警察に被害を報告しました。
学校はこの事件について保護者に謝罪し、関係する生徒への聞き取り調査を行いました。
また、学校はいじめに対処するために専門家を含む委員会を設置し、バスケットボールチームの活動を一時停止しました。
校長はこの問題について深く反省し、被害生徒のサポートと加害生徒への指導に全力を尽くすことを語りました。

街角の声

「こんな事件が福岡市の学校で起きたなんて信じられない。子どもたちが安全に学べる環境を提供するのが学校の役割だと思うんだけど、どうしてこんなことに…。被害に遭った生徒とその家族には心から同情します。」

「ニュースを見た時、本当に心が痛んだよ。特に、バスケットボールへの情熱を失ったという部分がね。スポーツは子どもたちに夢や希望を与えるものであるべきなのに、こんな形で奪われてしまうなんて。」

「学校側の対応が問題だと思う。内部の委員会だけで調査するというのは、公平性に欠けるんじゃないの?外部の専門家を入れた透明な調査が必要だよ。加害生徒たちにも、しっかりとした対処が求められる。」

「いじめの問題は根が深いよね。ただ、この事件はいじめを超えた暴力事件だ。加害者が未成年だとしても、法の下で適切な処罰を受けるべきだし、被害者へのサポートももっと充実させないと。」

「加害者の生徒が家庭裁判所に送られたって聞いたけど、それだけで終わりじゃないよね。被害に遭った子がどれだけ苦しんでいるか…。学校だけでなく、社会全体で子どもたちを守る体制をしっかり作らなきゃダメだと思う。」

「教育委員会は何をしているんだろう。このような事件が起きたら、ただちに介入して、学校だけでなく、地域全体で再発防止策を考えないと。子どもたちの安全と心のケアを最優先に考えてほしい。」

まとめ

  • 2023年9月、福岡市の私立中学校バスケットボールチームで、1年生の男子生徒が上級生数名に鉄のチェーンで縛られ、平手打ちを含む暴力を受けた。
  • 事件は練習後の体育館倉庫で発生し、被害生徒は約2週間の治療を要した。
  • 被害生徒は学校に通えなくなり、最終的に退学。警察に被害を報告した。
  • 被害生徒の両親はカメラの前で事件について語り、母親は息子のバスケットボールへの情熱と生きる意欲が失われたこと、父親は息子が人を恐れ、夜に眠れないほどであることを明かした。
  • 加害生徒3人は非行の事実で家庭裁判所に送られた。
  • 両親は裁判所で、息子が「悪ふざけ」だったと言われ謝罪を受けていないこと、息子が暴行中に息ができなくなり、死ぬかもしれないと恐怖を感じたことを伝えた。
  • 両親は学校に公平で中立的な調査と外部の専門家を含めた委員会の設立を求めているが、学校は内部の委員会にスクールカウンセラーを加える形で対応しており、両親や生徒からの直接の聞き取りは行われていない。
  • 学校は事件後、保護者に謝罪し、関係生徒への聞き取り調査を行い、専門家を含む委員会を設置し、バスケットボールチームの活動を一時停止した。
  • 校長は問題について深く反省し、被害生徒のサポートと加害生徒への指導に全力を尽くすと述べた。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次