MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



一線を越えた暴力指導 東京の私立校で起きたバレーボール顧問の懲戒解雇事件

  • URLをコピーしました!




目次

概要

東京にある私立の中高一貫教育を提供する学校の女子バレーボールチームのコーチである女性が、選手たちに対して暴行や暴言を行ったため、解雇されたことが明らかになりました。
この問題は、葛飾区に位置する修徳中学・高校のバレーボールチームに関する内部告発から始まりました。
告発を受けて、学校は外部の弁護士を含む調査チームによる調査を実施しました。
調査によると、このコーチは2022年から2023年にかけて、複数の選手に対して身体的な暴行や言葉の暴力を行っていました。
具体的な例としては、練習試合で選手の太ももを蹴ったり、お腹を殴ったりして怪我をさせたり、「親がバカなら子供もバカだ」と侮辱したり、テストの点数が悪い選手の顔に赤ペンで点数を書いたりするなど、暴言や暴行が7件確認されました。
さらに、部費の管理にも問題があったことが明らかになりました。
この行為によって、チームを離れたある高校生は、「このコーチのもとでバレーボールを続ければ自分が壊れてしまうと感じた。バレーボールが好きだっただけに、人生が壊されたような気がする。6年間続けて卒業したかった」と語っています。
この問題を重く見た学校は、2023年12月にコーチを懲戒解雇しました。
学校側は、この件についての報道機関からの質問に対し、「コメントは控える」と回答しています。

街角の声

20代女性:「こんなニュースを聞くと、信じられない気持ちになります。コーチや先生は、私たちが尊敬するべき人で、安心して任せられる存在だと思っています。でも、この事件で、その信頼が完全に壊れてしまった人もいるでしょう。とても悲しいことです。」

30代男性:「子どもたちが安全でなければ、何も始まらない。スポーツは身体だけでなく、精神的にも成長する大切な場です。このような問題があると知ると、自分の子どもをどこに預けるべきか、本当に慎重に考えなければならないと感じます。」

40代女性:「スポーツ界には時々、厳しい指導が伝統として受け継がれている場合がありますが、暴力や侮辱は絶対に許されるべきではありません。被害に遭った生徒たちがどれだけ辛かったか想像すると心が痛みます。回復には時間がかかるかもしれませんが、被害者がまたバレーボールを楽しめる日が来ることを願っています。」

50代男性:「今回の事件は、教育現場における倫理的な基準がいかに重要かを改めて示しています。教師やコーチは、技術を教えるだけでなく、人としての成長を支える役割も担っています。このような事件が再発しないよう、指導のあり方を見直し、より良い環境を作る必要があるでしょう。」

50代女性「ニュースを見てショックを受けました。子どもたちが何かを学ぶ時、特に好きなことに打ち込む時は、楽しく、安全な環境であるべきです。この事件がきっかけで、他のスポーツチームや学校でも、顧問やコーチと生徒の関係について見直す動きがあるといいですね。」

まとめ

  • 東京の私立中高一貫校の女子バレーボール部顧問が生徒に暴行・暴言を理由に懲戒解雇された。
  • 内部告発により始まった外部弁護士の調査で、2022年から2023年にかけての不適切な行動が確認された。
  • 具体的な行為には、練習中の暴力、侮辱的な発言、テストの点数で低い生徒の顔にマーカーで点数を書くなどが含まれる。
  • これらの行為に加えて、部費の不適切な管理も問題視された。
  • 被害を受けた生徒の中には、バレーボールを続けることが精神的に困難になったケースもある。
  • 学校はこの問題を受け、2023年12月に顧問を懲戒解雇し、公式なコメントは控えている。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次