MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



明治チェルシー終売発表 懐かしむ昭和世代

  • URLをコピーしました!




目次

概要

53年間売れ続けてきた人気のキャンディー、「チェルシー」シリーズが、3月をもって販売終了することが、メーカーの明治からの情報で明らかになりました。
この終売になるのは、「バタースカッチ」や「ヨーグルトスカッチ」の箱入り商品や、アソートの袋入り商品など、全部で6種類です。
明治は、市場の変化や消費者のニーズが変わったことにより、売上が下がり利益が出にくくなったと終売の理由を説明しています。
「チェルシー」は1971年に発売され、長い間多くの人に愛されてきました。
特に「明治チェルシーの唄」は、2003年に人気デュオ、ケミストリーによってカバーされるなど、その人気は根強いものでした。
ソーシャルメディアのXでは、終売を告げる写真が拡散され、注目を集めています。
明治は、「これまでの長い間のご愛顧に感謝します。終売をもってファンの皆さまには申し訳ない気持ちですが、今後も新しい商品を提供し続けたいと考えています。これからもよろしくお願いします」とコメントしています。

街角の声

50代・女性:「チェルシーがなくなるなんて信じられないわ。子供の頃からのお気に入りで、今でもよく買ってたの。最後に買いだめしなきゃ。」

20代・男性:「正直、自分はあまり食べないけど、親がよく食べてるのを見て育ったな。こんなに長い間愛されてきた商品がなくなるのは、ちょっと寂しい気がする。」

30代・女性:「チェルシーの終売、ネットで見てビックリしました。仕事中に小腹が空いたときのお供だったんですよね。特にバタースカッチ味が好きでした。最後に何箱か買っておこうかな。」

40代・女性:「市場の変化っていうのは理解できるけど、やっぱり名残惜しいですよね。『チェルシーの唄』が流れるCM、懐かしいです。終売のニュースを聞いて、久しぶりに食べたくなっちゃいました。」

60代・男性:「昔からの定番商品がどんどんなくなっていくのは時代の流れなのかもしれないけど、チェルシーのような商品は、ただのお菓子じゃなくて、多くの人の思い出と結びついているんですよね。最後に孫にも食べさせてあげたいです。」

まとめ

  • 「チェルシー」シリーズ、53年間の販売後、3月に終売予定。
  • 終売対象:「バタースカッチ」、「ヨーグルトスカッチ」の箱入り、アソート袋入りなど全6種類。
  • 終売理由:市場の変化と消費者ニーズの変動による売上減少と利益の悪化。
  • 「チェルシー」は1971年発売で、長年にわたり愛される。
  • 「明治チェルシーの唄」は2003年にケミストリーがカバー、人気を博す。
  • ソーシャルメディアのXで終売の写真が拡散、話題に。
  • 明治は長年の支持に感謝し、終売のお詫びと新商品への期待を表明。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次