MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



天才漫画家・鳥山明 68歳で逝去、漫画とゲームの世界に革命をもたらした男

  • URLをコピーしました!




目次

概要

有名な漫画家であり、「ドラゴンボール」や「Dr.スランプ」の作者として知られる鳥山明さんが、2024年3月1日に急性硬膜下血腫のため亡くなりました。68歳でした。
鳥山さんは1955年4月5日に愛知県で生まれ、1974年に県立工業高校のデザイン科を卒業後、広告関係のデザイン会社で働き始めました。
しかし、1977年に会社を辞め、翌1978年に『週刊少年ジャンプ』で読切作品「ワンダー・アイランド」を発表し、漫画家としてのキャリアをスタートさせました。
鳥山さんが漫画家を目指したきっかけは、お金を稼ぐことであり、「マンガを募集していたから応募してみた。あとはプライドで続けた」とインタビューで述べています。
彼の最初の大ヒット作品は、1980年に連載が始まった「Dr.スランプ」です。
この作品では、自称天才科学者の則巻千兵衛と彼が創造したアンドロイド、アラレちゃんが繰り広げる面白くて活気ある物語が描かれています。
この漫画は、1981年にテレビアニメ化され、アラレちゃんは非常に人気のキャラクターになりました。
更に、1984年には「ドラゴンボール」の連載がスタートしました。
この物語は、主人公の孫悟空が7つのドラゴンボールを探し、集めることでどんな願いもかなえることができるという大冒険を描いています。
この作品は非常に成功を収め、コミックスは世界中で2億6000万部以上を売り上げました。
また、アニメ化や映画化もされています。
鳥山さんは、2013年にアングレーム国際漫画祭で特別賞を、2019年にはフランス芸術文化勲章を受章しました。
彼の作品「SAND LAND」は、2013年に映画化され、北米最大のファンタジア国際映画祭で特別賞を受賞するなど、世界的にも高く評価されています。
鳥山さんの葬儀は近親者だけで行われ、「静かに送り出したい」という彼の意向に従い、弔問や香典、供物、献花は辞退されました。
また、お別れの会については、現時点では未定です。

盟友、堀井雄二氏のコメント

「ドラゴンボール」と「Dr.スランプ」の作者として著名な漫画家、鳥山明さんが68歳で急性硬膜下血腫により亡くなったことに対し、彼と「ドラゴンクエストシリーズ」で共に仕事をしたゲームデザイナーの堀井雄二氏が、ソーシャルメディアプラットフォームX(以前のツイッター)で追悼の意を表しました。
鳥山さんはこの人気ゲームシリーズのキャラクターデザインを手掛けており、堀井氏は「鳥山さんの突然の訃報に、まだ実感が湧かずにいます」と心境を語りました。
彼はさらに、「鳥山さんとの出会いは、私が『週刊少年ジャンプ』でライターをしていた時にさかのぼります。
ドラゴンクエストの立ち上げ時、編集者の鳥嶋さんの勧めもあって、彼にゲームのイラストを依頼しました」と、二人がどのようにして仕事を共にすることになったのかを振り返りました。
「それから37年以上にわたり、鳥山さんは登場人物やモンスターのデザインを含め、数え切れないほどの魅力的なキャラクターを描き出してくれました。
ドラゴンクエストの歴史は、鳥山さんのキャラクターデザインと共にあったと言っても過言ではありません」と感謝の意を示しました。
堀井氏は、亡くなった鳥山さんとすぎやまこういち先生を「ドラゴンクエストを長年にわたって創り上げてきた仲間」として偲び、「彼らがもういないという事実を受け入れるのは、言葉にできないほど辛いです。本当に、とても残念です」と追悼しました。

街角の声

大学生(男性): 「ドラゴンボール」は子供の頃からずっと大好きでした。鳥山明さんの作品は、本当に多くの人々に夢と冒険の楽しさを教えてくれました。彼の死を聞いて本当にショックを受けています。

主婦(女性): 「Dr.スランプ」を読んで笑ったことが思い出です。アラレちゃんは家族みんなのアイドルです。鳥山さんの創造力とユーモアのセンスには、いつも感心させられました。

会社員(男性): 「ドラゴンクエスト」のキャラクターデザインも鳥山さんが手掛けていたんですよね。ゲームの世界にも彼の才能が息づいていて、彼の作品を通じて成長した世代は多いはずです。彼の影響は計り知れません。

高校生(女性): 実は「ドラゴンボール」を最近になってから読み始めたんですけど、その面白さにはまってしまいました。鳥山明さんの作品は時代を超えて愛される理由がわかります。こんなにも人々に愛された作品を残してくれたことに感謝しています。

会社員(男性): 彼の独特なキャラクターデザインと物語作りは、多くのインスピレーションを与えてきました。彼の遺した作品群はこれからも色褪せることなく、多くの人々に夢と喜びを提供し続けると思います。

まとめ

  • 鳥山明さんは2024年3月1日に68歳で急性硬膜下血腫のため亡くなった。
  • 「ドラゴンボール」と「Dr.スランプ」の作者として広く知られていた。
  • 広告デザイナーから転身し、1978年に漫画家デビュー。
  • 「Dr.スランプ」でブレイクし、その後「ドラゴンボール」で世界的な成功を収める。
  • コミックスの全世界累計販売部数は2億6000万部以上に達する。
  • 「ドラゴンクエスト」シリーズのキャラクターデザインも手掛け、ゲームデザインにも大きな影響を与えた。
  • アングレーム国際漫画祭特別賞やフランス芸術文化勲章シュバリエを受章。
  • 最新作「SAND LAND」は映画化され、国際的な映画祭で特別賞を受賞。
  • 葬儀は近親者のみで行われ、公の弔問や供物は辞退された。
  • お別れの会については未定で、後日発表される予定。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次