MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



明治のチェルシーの終売だけじゃない!森永乳業の「ガラス瓶牛乳」も2024年3月末で販売終了!

  • URLをコピーしました!




目次

概要

森永乳業が2024年3月末で、ガラス瓶に入った牛乳を含む全ての瓶容器飲料商品の販売を終了すると発表しました。
同社は長年にわたり、瓶容器の飲料を提供してきましたが、その背後にある情緒的価値や健康への貢献を重視しながらも、環境負荷や顧客の利便性を考慮して容器の変更を決めました。
宅配サービスも「健幸サポート便」へとリニューアルし、より軽くてリサイクル可能な素材への移行を進めることで、顧客が容器を返却する手間を省き、商品の賞味期限の延長も図ります。
1929年から続くビン入り牛乳の販売には、懐かしさや特別感、そして鮮度を保つという理由がありましたが、回収や洗浄に必要なエネルギーや水の使用といった環境への影響、配送の効率性、市場環境の変化、顧客のニーズの変遷を総合的に考慮し、今回の商品ラインアップの見直しを決定しました。
この変更は、顧客の健康と生活スタイルの変化に応えるためのもので、森永乳業はビフィズス菌を含む独自の機能性素材を用いた商品づくりに注力し、顧客の健康習慣づくりに貢献していくとしています。
同時に、長年愛されたビン商品に対する感謝の意を表しています。

街角の声

「ビン詰めの牛乳は、毎朝の楽しみでした。子供の頃は、牛乳配達人が自転車で届けてくれるのを待っていたものです。ビンの冷たさと重みが、新鮮な牛乳の証だった。このニュースを聞いて、とても寂しい気持ちになりました。」

「ビンの牛乳って、特別な味がすると思いませんか?紙パックやペットボトルとは違って、どこか懐かしい感じがして。私の家族は、週末になるといつもビンの牛乳でホットケーキを作っていました。これからはその習慣も変わってしまうのかと思うと、少し悲しいです。」

「私の子供たちも、ビンの牛乳が大好きでした。ビンを開けるのが少し難しいけど、それがまた良い思い出になっているんです。子供たちにも、昔の生活の一片を体験させてあげられたのが嬉しかった。このニュースは、まるである時代の終わりを告げるもののようです。」

「ビンの牛乳は、私たちの時代の象徴だったんだよ。朝起きて、ドアの前に届いている牛乳を取りに行くのが日課だった。冷え冷えで重みのあるビンを手に取ると、なんだか一日が始まる実感が湧いてきた。これからはその感覚を味わうことができなくなるのかと思うと、非常に寂しいね。」

「ビン入りの牛乳で作るコーヒーミルクは格別の味がしたものです。紙パックやプラスチックボトルでは、どうしても同じ味は出せないんですよ。ビンの牛乳がなくなるのは、私のキッチンからも一つの文化がなくなるようなもの。時代の流れには逆らえないけれど、少しだけ悲しいです。」

「ビンのデザインが好きで、いくつか集めて部屋に飾っていました。ビンには、ただの容器以上の価値があるんです。その形状や手触り、そして中に入っていた牛乳の味わいまで、全てが時代を超えた美しさを感じさせます。これからは新しい世代が、ビンの魅力を知る機会が少なくなると思うと、寂しい限りです。」

「学校で昔話をするとき、子供たちにビン入り牛乳の話をよくしました。実際にビンを見せながら話をすると、子供たちの目が輝いて興味を持ってくれたものです。これからはその話も、もっと昔の話になってしまうんですね。ビン入り牛乳は、子供たちにとっても、もう見ることのできないレトロな存在になってしまう。」

「私たちの町には、森永のビン入り牛乳を配達していた古い牛乳屋の話がまだ生きています。ビンの牛乳は単なる飲み物ではなく、地域の人々との絆や思い出を繋ぐ大切な役割を果たしてきました。この変化は、時代の終わりを告げるもののように感じます。」

まとめ

  • 森永乳業は2024年3月末で、ビン詰め牛乳を含むビン容器の飲料商品の販売を全て終了する。
  • 終了するビン商品は、宅配専用の7品目に限られる。
  • 新しい宅配サービス「健幸サポート便」へのリニューアルを機に、ペットボトルや紙など軽くてリサイクル可能な素材へ容器を変更する。
  • 容器の変更により、顧客はビンを返却する手間が省け、一部商品の賞味期限が延長される。
  • ビン容器の継続的な使用は、輸送や洗浄の過程で多くの水やエネルギーが必要とされるため、環境負荷の観点からも見直しが行われた。
  • 森永乳業は、ビン商品に懐かしさや特別感を提供してきたが、時代と共に顧客ニーズや市場環境の変化に応じて商品ラインナップの刷新を決定。
  • 長年にわたりビン商品を支持してくれた顧客に対し、森永乳業は感謝の意を表している。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次