MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



TARAKOさん、国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子役を務める声優、63歳で逝去

  • URLをコピーしました!




目次

概要

国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の主人公・まる子役で親しまれた声優のTARAKOさんが、63歳で亡くなったことが明らかになりました。
群馬県出身のTARAKOさん(本名非公開)は、声優としてのデビューを1981年に『うる星やつら』の幼稚園児役で飾り、その後、シンガーソングライターとしても活躍。
特に、1990年から演じた『ちびまる子ちゃん』のまる子役で大ブレークし、その独特の声は日本中に知られることとなりました。
TARAKOさんのキャリアは、多岐にわたる才能を示しています。
ドラマ、映画、バラエティ番組への出演やエッセイ本の出版など、様々な分野で活躍しました。
『ちびまる子ちゃん』は、当初の予想を超えて国民的アニメとなり、放送開始から30年以上続く長寿シリーズとなりました。
その間、TARAKOさんは多忙を極め、時には健康を害しながらも仕事に励んだといいます。
2016年に亡くなったお姉ちゃん役の水谷優子さんや、2018年に亡くなった原作者のさくらももこさんの死は、TARAKOさんにとって大きな打撃でした。
プライベートでは、TARAKOさんは亡くなったアニメ関係者や家族の写真を自宅に飾り、「天使コーナー」と呼んでいました。
愛犬の「ももじ」や愛猫の「みかん」、そして『ちびまる子ちゃん』の関係者や両親との再会を天国で楽しみにしていたと話していたそうです。
TARAKOさんの遺族は、フジテレビと所属事務所に訃報を伝え、家族葬での葬儀を行う予定です。
また、この悲しい知らせは、鳥山明さんの急逝と同じ時期に発表され、日本アニメ界は二人の大切な存在を失いました。

街角の声

「TARAKOさんが亡くなったと聞いて、本当に信じられない気持ちです。子供の頃から『ちびまる子ちゃん』を見ていて、まる子の声はTARAKOさんなしには考えられません。彼女の声があってこそ、まる子は私たちの心の中で生き続けるキャラクターになりました。このニュースは、多くのファンにとって大きな悲しみです。」

「TARAKOさんの逝去を聞いて、深い悲しみに包まれました。まる子のキャラクターを通じて、彼女の声は私たちの家庭に幸せと笑顔を運んできました。声優としての彼女の才能は、世代を超えて愛されています。彼女の貢献に感謝し、心から哀悼の意を表します。」

「今日、TARAKOさんの訃報を受け、衝撃と悲しみが走りました。『ちびまる子ちゃん』は私の子供時代を彩るアニメでしたし、TARAKOさんの声はまる子そのものでした。アニメが放送される日曜日がいつも楽しみで、その声を聞くだけでほっと安心できたんです。彼女の死は、ただの声優の逝去を超えて、私たちの心の一部を失ったような感覚です。」

「TARAKOさんの突然の訃報に、言葉を失いました。彼女の声には、特別な魅力があり、『ちびまる子ちゃん』をはじめとする多くの作品で私たちを魅了し続けてきました。彼女の才能と情熱は、アニメ業界に大きな足跡を残しました。彼女の遺した作品はこれからも色褪せることなく、多くの人々に愛され続けると思います。」

「TARAKOさんが亡くなったと聞いて、まるで家族の一員を失ったような気分です。『ちびまる子ちゃん』のファンとして、毎週彼女の声を聞くのが楽しみでした。彼女の死は、アニメファンにとって計り知れない損失です。TARAKOさんの温かい声と魅力的なキャラクターは、これからも私たちの心の中で生き続けます。彼女のご冥福を心からお祈りします。」

まとめ

  • TARAKOさん、63歳で逝去
  • 主に『ちびまる子ちゃん』のまる子役で知られる声優
  • 1981年に声優デビュー、『うる星やつら』の幼稚園児役
  • シンガーソングライターとしても活躍、1983年にファーストアルバムリリース
  • 『ちびまる子ちゃん』で大ブレーク、ドラマや映画、バラエティ番組などにも出演
  • 長寿シリーズ『ちびまる子ちゃん』のキャストとして強い絆を持つ
  • 自宅に「天使コーナー」設置、亡くなった関係者の写真を飾る
  • 死因は公表されていない、家族葬での葬儀を予定
  • アニメ業界からも大きな悲しみの声、TARAKOさんの多大な貢献を称える
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次