MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



羊蹄山での雪崩事故、外国人スキーヤー2名が犠牲に

  • URLをコピーしました!




目次

概要

2024年3月11日午前、北海道に位置する羊蹄山で、雪崩が発生しました。
この事故により、外国人スキーヤー3名が巻き込まれ、そのうち1男1女の2名が死亡したと報じられています。
残る1名は負傷したものの、意識はあり、現在詳細な調査が行われています。
事故は、午前10時頃、羊蹄山の北側、倶知安町にある斜面で発生しました。
消防への通報により、救助活動が開始されました。
当時、6名のグループがこのエリアでバックカントリースキーを楽しんでいたところ、雪崩に巻き込まれたとのことです。
救出された3名のうち2名は意識不明の状態で病院に搬送されましたが、残念ながら死亡が確認されました。
現場近くの気温は3.7度と報告されており、平年と比較して4度ほど高い異常気象の下での事故となりました。
警察は現在、被害者の身元確認と事故の詳細な原因調査を進めています。
事故現場の羊蹄山は、北海道の後志地方にあり、「蝦夷富士」とも呼ばれる美しい山で、多くのバックカントリースキーヤーが訪れる人気のスポットです。
事故が発生したのは、標高650メートルから700メートルの区間であり、この事故を受け、今後の安全対策に関する議論が期待されます。

街角の声

「このニュースを聞いて心が痛みます。私たちスキーヤーにとって、山は美しくもありますが、時には危険を孕んでいることも忘れてはなりません。この事故は、自然の力を常に尊重し、準備と警戒を怠らないことの重要性を改めて思い起こさせてくれます。」

「私はスキーを始めたばかりで、安全に楽しむことがどれほど重要かを日々学んでいます。この悲しい事故は、私たち全員が、より安全なスポーツ実践を心掛けるべきであることを伝えているように思えます。」

「バックカントリースキーの魅力は、手付かずの自然の中を滑ることにありますが、それは同時に大きなリスクを伴います。この事故は非常に悲しい出来事ですが、私たちには山の危険性を常に意識し、可能な限り安全対策を講じる責任があります。友人たちと山に入る前には、常に天候や雪崩のリスクをチェックするようにしています。」

「私たち経験豊富なスキーヤーでも、自然の前では常に謙虚でなければなりません。羊蹄山で起きたこの事故を受け、私たちのコミュニティでは安全に関する意識が一層高まることを願っています。事故を未然に防ぐためには、教育と情報共有が鍵となります。」

まとめ

  • 日付・場所:2024年3月11日、北海道羊蹄山
  • 事故の概要:雪崩発生、スキー中の外国人3名が巻き込まれる
  • 結果:2名(1男1女)が死亡、1名が負傷
  • 時間:発生時刻は午前10時ごろ
  • 事故の場所:羊蹄山の北側、倶知安町側の斜面、標高650メートルから700メートルの区間、5合目から6合目付近
  • スキーグループ:6人のグループがバックカントリースキーを楽しんでいた
  • 気象状況:事故時の倶知安町の気温は3.7度、平年より4度高い
  • 積雪状況:事故現場近くの積雪は約1メートルから1メートル50センチ
  • 羊蹄山について:標高1898メートル、バックカントリースキーの人気スポット、「蝦夷富士」とも呼ばれる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次