MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



歴史ある小学校の裏山で埋もれた人の頭骨を発見か?事件か事故か?深まる謎

  • URLをコピーしました!




目次

概要

福岡県北九州市の小学校近くの裏山で、人の頭の骨とみられるものが見つかった。
この発見により、警察は事件や事故の可能性を考え、捜査を開始した。
2024年3月12日午前、北九州市門司区不老町にある大里柳小学校の教頭が、学校のフェンスの向こう側にある山の斜面に人の骨のようなものがあると警察に通報した。
警察が現場を調査した結果、人の頭の骨と思われるものを発見した。
骨の大きさから、子供ではなく成人のものと推測されているが、その他の骨や個人の所持品は見つかっていない。
現在、警察はこの事件が犯罪に関連しているのか、または事故によるものなのかを調べるために捜査を進めている。

大里柳小学校とは

福岡県北九州市に根差す歴史ある大里柳小学校は、今年で創設141年目を迎える。
この学校は、明治6年に大里本町海岸の番所跡に設立された。
校区は門司駅を中心に展開し、商店街が栄える大里地区の心臓部に位置している。
南東には標高518mの戸ノ上山が聳え、北西には活気ある関門海峡が広がる。
約4200世帯がこの地域に住み、学校への愛情と関心が非常に強いことが特徴だ。
近年は、門司駅北口の開発に伴い、新しい住宅やマンションが増え、児童数も増加。
2014年4月には新校舎が完成し、新たな章が始まった。

地域には、平氏が京都を離れ、安徳天皇と共に避難してきた柳ヶ浦の歴史が息づいている。
この地が「内裏」と呼ばれるようになったのは、平氏が天皇の住まいをここに構えたからだ。
また、「風呂の井戸」は、この名水が安徳天皇のための風呂水として使われたことに由来する。
不老町という地名も、この歴史的背景から来ている。
大里柳校区は、なぎなた踊りという伝統文化も有しており、地元の公民館や学校のクラブ活動で練習が行われている。
この踊りは、水田での出来事を基にした物語であり、地域の歴史と文化を象徴するものだ。
戸ノ上神社や静泰院と蘭山など、地域には多くの名所があり、それぞれが独自の歴史を持つ。
大里柳小学校とその周辺は、長い歴史を通じて形成された文化的な宝庫であり、住民にとっては誇りの源泉となっている。

街角の声

「本当に驚きました。毎日のように子どもたちが遊んでいる場所の近くでこんなことが起こっていたなんて…。身近な地域でこんな発見があるとは思いもよりませんでした。」

「この地域で事件や事故が起こるなんて珍しいことだから、すごく心配です。特に学校の近くでこんなことがあると、子どもたちの安全について考えざるを得ません。」

「警察がしっかりと捜査してくれることを願っています。一日も早く事の真相が明らかになり、もし何か悪いことがあったのなら、それが解決されることを祈っています。」

「事件があってから、子どもを外で遊ばせるのが少し怖くなりました。学校や地域の安全対策をもっと強化してほしいです。」

「こういう事件は、コミュニティにとって大きな衝撃です。でも、この機会に地域の結束を強め、互いに支え合うことの大切さを再認識する時かもしれません。」

まとめ

  • 事件発見日: 2024年3月12日
  • 場所: 福岡県北九州市門司区不老町、大里柳小学校隣接の裏山
  • 発見物: 人の頭の骨とみられるもの
  • 通報者: 大里柳小学校の教頭
  • 通報時刻: 午前11時半すぎ
  • 捜査: 警察が事件と事故の両面から捜査中
  • 警察の見解: 骨は子供のものではないとみられ、周辺から他の骨や所持品は発見されていない
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次