MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



富士急ハイランドの大人気アトラクション「ド・ドドンパ」が永久閉鎖へ

  • URLをコピーしました!




目次

概要

富士急行が運営する人気遊園地「富士急ハイランド」にて、一時的に営業を休止していた有名アトラクション「ド・ドドンパ」の永久閉鎖が決定しました。
この絶叫マシンは2021年8月から、乗客の安全に関する懸念が高まったため営業を停止していました。
「ド・ドドンパ」は、1.56秒で時速180kmに達する驚異の加速力と世界最大級のループが特徴で、長年にわたり富士急ハイランドの象徴的な存在でした。
しかし、乗客から骨折を含む負傷の報告が相次ぎ、安全性の問題が浮上していました。
富士急行は、乗客の安全を確保するためにメーカーと協議を重ねましたが、「お客様の負傷リスクと逆走停止リスクを完全に除去し、安全運行を確信できる手段を具体化することが困難」と結論付け、営業終了を決定。
この決断は、遊園地としての社会的責任と安全第一の姿勢を重視したものです。
この措置に伴い、富士急行は解体撤去費用などで約6億1200万円の特別損失を計上する見込みです。
多くのファンからの営業再開の要望に応えられないこと、そして遊園地を訪れたにもかかわらず負傷したお客様への心からのお見舞いの言葉を述べ、今後も全ての来園者の安全と安心を最優先に営業を続けると富士急行は表明しています。

「ド・ドドンパ」で起きた過去の事故

山梨県富士吉田市に位置する人気遊園地「富士急ハイランド」で、そのアトラクション「ド・ドドンパ」に乗車した利用客4人が重傷を負う事故が発生していたことが明らかになりました。
2020年12月以降、このジェットコースターを利用した30代から50代の男女4人が、頚椎の圧迫骨折などの重傷を負っていたと県の発表で判明しました。
負傷者は全員、1ヶ月から3ヶ月の治療を要しています。
富士急ハイランド側は、2021年8月17日までの期間、国や県への事故報告を行っておらず、県は同月20日に迅速な報告と事故防止策の徹底を求め、行政指導を実施しました。
遊園地側は、機器の異常が事故の原因ではないとの誤った認識に基づき、報告の必要がないと考えていたと述べ、公表を怠ったことについて反省の意を表明しています。
現在、「ド・ドドンパ」は運行を停止しており、国の事故調査部会と県が事故原因を究明するための立ち入り調査を実施していました。
この事故は、遊戯施設における安全管理の重要性を改めて浮き彫りにし、同様の事故防止への取り組みが求められていました。

街角の声

「富士急ハイランドに行くといつも乗っていたので、ド・ドドンパがなくなるのは寂しいですね。安全が最優先されるべきだとは思うので、決定自体には納得しています。代わりに新しいアトラクションができることを期待しています!」

「子供たちを連れて何回か行きましたが、ド・ドドンパはちょっと怖すぎて私は乗ったことがありません。安全性の問題があったと聞いて、閉鎖は賢明な判断だったと思います。安心して楽しめる遊園地であってほしいです。」

「ド・ドドンパの加速がすごくて、乗るたびに興奮していました。でも、事故があったと聞いてからは、少し不安に思っていました。安全に楽しめる何か新しいものができればいいなと期待しています。」

「事故のニュースを聞いた時は衝撃でした。安全が確保できないなら、閉鎖は仕方ないですね。富士急ハイランドは他にも魅力的なアトラクションがたくさんあるので、これを機に新しい目玉を作ってほしいです。」

「ド・ドドンパは一度は体験したいアトラクションでしたが、今回の決断を聞いて安全を考えると納得です。富士急ハイランドの新しいチャレンジを応援しています。これからも安全第一で楽しい時間を提供してくれることを期待しています。」

まとめ

  • 富士急ハイランドの「ド・ドドンパ」永久閉鎖が決定
  • 2021年8月から営業休止、乗客の安全懸念が理由
  • 世界最大級のループと1.56秒で時速180kmへの加速が特徴
  • 骨折を含む負傷報告が相次ぐ、安全性問題が浮上
  • 安全運行の確信が困難と判断、営業終了を決定
  • 富士急ハイランドは、解体撤去費用で約6億1200万円の特別損失を計上
  • 富士急行、全来園者の安全・安心を最優先に営業継続を表明
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次