MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



親ガチャなんて絶対にあってはならない!実母が生後0日の赤ちゃんを殺害

  • URLをコピーしました!




目次

概要

埼玉県川越市で生まれたばかりの男児を殺害し、その遺体を隠匿した罪で起訴された28歳の母に対し、さいたま地方裁判所は厳しい判断を下しました。
2021年8月の事件について、裁判員裁判の判決公判が14日に開かれ、裁判長は被告の母に対して懲役5年6月の判決を言い渡しました。
これは、検察側の求刑である懲役7年よりも減刑されたものです。
裁判では、被告が自宅の浴槽にお湯を張り、その中で男児を出産した後、放置したことは争われませんでした。
主な争点は、男児が生まれた時に生存していたかどうかでした。
被告側は、死産の可能性を主張していましたが、裁判長は司法解剖を行った医師らの法廷証言を基に、男児が生きて出産されたと判断しました。
そして、出産後にお湯の中で放置することで窒息死する可能性を認識しながらも、それを受け入れたことから、殺人罪の成立を認めました。
裁判長は、被告に「母親として命の尊さに向き合わなかったこと」を強く非難し、その行為は重大な責任を伴うと指摘。
しかし、「強い殺意があったとは言えない」としつつも、「法廷での態度からは真摯に反省しているとは認められない」として量刑理由を述べました。
この事件は、母親による最も悲しい選択の一つとして、社会に大きな衝撃を与えました。
埼玉県川越市のこの悲劇は、命の尊さと親子関係に対する法的および社会的な見識を再び問うものとなりました。

街角の声

「本当に胸が痛む事件です。命がこんなにも簡単に失われるなんて、受け入れがたいです。母親がどんな状況にあったとしても、生まれたばかりの命を大切にしなければならないと強く感じます。」

「この事件を聞いて、社会的な支援がもっと充実していれば防げたのではないかと思います。孤独や経済的な困難に直面している母親が安心して相談できる場がもっと必要だと感じます。」

「裁判の結果を聞いて、正直、複雑な気持ちです。懲役5年6月という刑が妥当なのか、もっと重いべきなのか。でも、一番大切なのは、こんな悲しい事件が二度と起きない社会を作ることだと思います。」

「子育ての大変さは理解できますが、それにしても許される行為ではありません。ただ、この事件がきっかけで、産後のサポートや精神的なケアの重要性にもっと注目が集まれば良いと思います。」

「ニュースを見るたびに心が痛みます。あの子にも生きる権利があった。どうして社会は、あの子の命を守れなかったのでしょうか。これを機に、子どもを取り巻く環境に対する意識が高まることを願います。」

まとめ

  • 場所:埼玉県川越市
  • 発生日:令和3年8月
  • 事件:28歳の母親が生んだばかりの男児を殺害し、遺体を隠匿
  • 裁判:さいたま地裁で裁判員裁判が行われ、懲役5年6月の判決が下される
  • 事実:母親は浴槽で出産後、男児を放置
  • 争点:男児が生まれた時に生存していたか
  • 判断:法廷証言等から、男児は生きて出産されたと判明
  • 理由:母親はお湯の中での出産後の放置が窒息死につながることを認識していた
  • 裁判長コメント:母親としての責任を果たさず、真摯な反省が見られないと指摘
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次