MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



名門大学の学生が老舗旅館を故意に破壊する偏差値0行為!これには世間は大激怒!大事なのは学業の偏差値か?常識の偏差値か?まさに問われる日本の教育制度

  • URLをコピーしました!




目次

概要


神戸大学の学生が、合宿で滞在していた富山県砺波市の老舗旅館「寺尾温泉」で迷惑行為に及んだことがSNSで拡散し、物議を醸しています。
問題の動画では、学生たちが笑い声をあげながら旅館の障子を破壊し、胴上げをして天井を突き破る様子が映されています。
これらの行為は、神戸大学のバドミントンサークル「BADBOYS」によるものとされ、多くの批判を浴びています。
旅館側は、被害の修復に向けた弁済について学生側と協議中であることを明らかにしました。
一方、神戸大学は、学生たちの行動を深くお詫びし、内部で調査を行い、再発防止に努めることを公表しています。
「寺尾温泉」は、1831年に開業し、2017年には学生の合宿に対応するための設備を整えるリニューアルを行っており、全国の学生から人気の宿泊施設でした。
この一件で、旅館はもちろんのこと、神戸大学の名誉にも傷がついた形です。
なお、炎上を受けて神戸大学バドミントン部は、問題のサークルとは一切関係がないことを強調しており、間違った批判がなされないように呼びかけています。

街角の声

「学生たちが楽しむためだけに、何百年もの歴史を持つ旅館の設備を壊すなんて許せません。将来を担う若者たちが、自分たちの行動の結果をもっと真剣に考えるべきです。」

「SNSで注目を集めるためだけに、こんな無責任なことをするなんて理解できない。彼らの行動が他の学生や神戸大学全体のイメージを損ねていることを、彼らは理解しているのでしょうか?」

「私たちの時代では、こんなことをしたら即座に厳しい処罰が下されたものです。今回の行動が、彼らにとって重要な人生の教訓となることを願います。」

「地域の観光業界にとっても大きなダメージです。彼らがどれだけ多くの人に迷惑をかけているのか、しっかりと認識してほしい。」

「こんな行為をしておいて軽い処分で済むのでは、彼らに何の教訓にもなりません。しっかりとした責任を取らせるべきです。」

「学生たちがこのような迷惑行為から重要な人生の教訓を学ぶためにも、学校や社会からの厳しい処罰が必要だと思います。彼らが将来、社会の一員として責任ある行動ができるようになることが大切です。」

「昔ならこんなことをしたら、村〇分にされるような重大なことです。今の若い人たちには、行動には必ず責任が伴うということを、身をもって学んでもらいたい。」

「このような不適切な行為がどれだけ自分や組織の信用を損ねるかを彼らには理解してほしい。厳罰によって、社会人としての基本的なルールやマナーを学ぶ良い機会になるはずです。」

「もし神戸大学が、問題を起こした学生をかばうような態度を取ると、その学生たちが過ちを正して再出発するチャンスを失ってしまうかもしれません。日本では、過ちを犯した人でも、その罪をしっかりと認めて償うことができれば、新たなスタートを切ることができる国です。だからこそ、この学生たちには適切な罰を受けてもらい、責任を学んでもらうことが重要だと考えます。日本人は温和な性格と言われますが、罪を認めずに償わない人を容易には許しません。。」

まとめ

  • 富山県砺波市にある「寺尾温泉」での迷惑行為
  • 行為をしたのは神戸大学のバドミントンサークル「BADBOYS」の学生
  • 学生たちは笑い声をあげながら障子に穴を開け、胴上げして天井を破損
  • 問題の行動がSNSで拡散し、大きな批判を受ける
  • 神戸大学は謝罪し、内部での調査と再発防止を表明
  • 旅館は歴史ある施設で、学生の合宿に人気の場所
  • 旅館側は被害の弁済について学生側と協議中
  • 一部では神戸大学バドミントン部との間違いで批判があるが、問題のあったのはバドミントンサークル「BADBOYS」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次