MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



約4700万円の脱税疑惑!「薬屋のひとりごと」を描く人気漫画家の池田恵理香氏(ペンネーム:ねこクラゲ)の脱税事件

  • URLをコピーしました!




目次

概要

福岡市南区在住の36歳漫画家、池田恵理香氏(ペンネーム:ねこクラゲ)が所得税法違反の疑いで、福岡国税局により告発されたことが2024年4月1日、公表されました。
池田氏は人気連載「薬屋のひとりごと」の作画担当で知られ、2019年からの3年間に約2億6000万円の収入を得ながら、これを申告せず約4700万円の所得税を支払っていなかった疑いが持たれています。
この告発は、池田氏が得た所得の申告漏れに対し、福岡国税局が詳細な調査を行った結果、不動産購入や金融機関への預金などに脱税資金が使われていたことが判明したために行われました。
漫画家として自宅で作画を行っている池田氏は、「薬屋のひとりごと」の連載開始以来、大きな成功を収めてきました。同作は原作小説を基にした漫画で、発行部数は約1600万部に上ります。
池田氏は1日夜、SNS上で自らの行為を認め、納税義務を怠ったことに対し深く反省していると述べ、全額納付したことを明かしました。
「納税義務を果たしている皆様に対して不誠実であったと深く反省しています」と謝罪の意を表しています。

街角の声

20歳・女性: 「私、『薬屋のひとりごと』めちゃくちゃ好きで、ねこクラゲさんのファンだったんです。でも、脱税って聞いてすごくがっかりしました。ファンとしては、作品を愛しているから、ちょっと複雑な気持ちです。」

45歳・男性: 「税金は社会を支える大切なお金。成功している人ほど、きちんと納税することが社会への貢献だと思います。今回の件は残念ですが、反省して全額納付したというのは、少しは評価したいですね。」

33歳・女性: 「子どもがその漫画大好きで、いつも一緒に読んでいました。税金の問題は難しいけど、誰でも間違いはあると思うから、しっかり反省してこれからは正しく行動してほしいです。作品自体はこれからも支持したい。」

58歳・男性: 「僕自身、事業をやっているから税金の大変さはよくわかるよ。でも、それにしても脱税はダメだよな。納税は国民の義務だし、特に公に影響力のある人は模範を示すべきだと思うよ。」

19歳・男性: 「正直、漫画家さんって裏側ではどうやって生計を立ててるのか気になってたから、こういうニュースは衝撃的だよ。でも、謝罪して改善の意志があるなら、もう一度チャンスを与えてもいいと思う。」

まとめ


事件の概要

  • 福岡県の漫画家、池田恵理香氏(ペンネーム:ねこクラゲ、36歳)が所得税法違反(単純無申告)で告発された。
  • 約4700万円の所得税を脱税した疑い。

背景情報

  • 池田氏は「月刊ビッグガンガン」で連載中の「薬屋のひとりごと」の作画を担当。
  • 2019年から2021年の3年間で、約2億6000万円の収入があったにも関わらず、確定申告せず。

調査と告発の経緯

  • 2022年10月、福岡国税局が強制調査を開始。
  • 脱税資金は不動産購入や口座預金に使用されていたことが判明。
  • 多額の申告漏れがあることから、2023年2月29日に告発された。

池田氏の反応

  • SNSで事実関係を認め、納税義務を果たしていなかったことに対して謝罪。
  • 未納税だった分は全額納付済みと発表。

作品について

  • 「薬屋のひとりごと」は、原作小説を基にした人気漫画。
  • 2017年5月から連載開始、単行本は13巻まで発行、累計発行部数約1600万部。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次