MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー



北海道のスーパーマーケット大再編!イオン北海道が170億円で「西友」を買収!「西友」の名前が道内から消える日

  • URLをコピーしました!




目次

概要

札幌市、2024年4月2日 – イオン北海道が、北海道内のスーパーマーケットチェーン「西友」の全9店舗を買収し、今後「西友」の名前を道内から消すことを発表しました。
買収には、旭ヶ丘店、元町北二十四条店、平岸店、清田店、西町店、手稲店、宮の沢店、厚別店、福住店を含む札幌市内の店舗が対象で、買収総額は170億円に上ります。
10月1日からは、これらの店舗がイオンブランドに統一され、イオングループのプライベートブランド「トップバリュ」の商品や北海道オリジナル商品を取り扱う予定です。
この大型買収は、北海道のスーパーマーケット業界の再編を加速させるもので、先にイトーヨーカ堂の撤退が発表されたばかりでした。
イオン北海道は、買収を通じて「食」を中心とした営業戦略を展開し、2025年度には直営売上高3800億円、食品売上高3000億円を目指すとしています。
また、全9店舗の従業員の雇用を継続し、店舗ごとに最適な改装を行い、スケールメリットを追求することで企業価値の向上を図る計画です。
この動きは、北海道内の大型スーパーマーケットの風景を大きく変えるもので、地域の消費者にとっても大きな変化となります。
イオン北海道のこの戦略的な動きが、地域経済にどのような影響をもたらすのか、今後の展開が注目されています。

街角の声

40歳、女性:「西友がなくなるのは少し寂しいですね。価格が手頃で、品揃えも豊富だったのでよく利用していました。でも、イオンのプライベートブランドも好きなので、これからの変化にも期待しています。」

20歳、男性:「正直、西友とイオンではちょっと雰囲気が違うので、どう変わるのかなって。でも、イオンの方が商品の種類が多そうだから、買い物の選択肢が広がるのはうれしいかな。」

65歳、男性:「私たちの世代には、西友もイオンもなじみ深いですね。ブランドが変わっても、地域に根ざした良い店舗運営をしてほしい。特に、北海道の商品をたくさん扱ってくれると嬉しいです。」

50歳、女性:「最近、大型スーパーの再編が目立っていますね。地域の小さな店にとっては、生き残りをかけた戦いがさらに厳しくなりそう。イオンが地域密着型の運営を心掛けてくれることを願います。」

30歳、女性:「西友の買収ニュースは驚きました。でも、イオンに変わることで、どんな新しいサービスや商品が出てくるのか楽しみです。ただ、従業員の方々の雇用が守られることを一番に考えてほしいですね。」

まとめ

  • 買収対象: イオン北海道が北海道内のスーパーマーケット「西友」全9店舗を買収。
  • 店舗: 札幌市内の旭ヶ丘店、元町北二十四条店、平岸店、清田店、西町店、手稲店、宮の沢店、厚別店、福住店が含まれる。
  • 買収総額: 170億円。
  • 変更日: 2024年10月1日からイオンブランドに統一。
  • 販売商品: イオングループのプライベートブランド「トップバリュ」製品及び北海道オリジナル商品。
  • 目標: 2025年度に直営売上高3800億円、食品売上高3000億円を目指す。
  • 従業員: 全9店舗の従業員の雇用継続を予定。
  • 地域経済への影響: 北海道のスーパーマーケット業界再編を加速。イトーヨーカ堂の撤退に続く大型変動。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次