MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー

生成AIの進化と倫理的課題のジレンマ!被害者への謝罪文作成に生成AIを用いることの問題点と可能性

  • URLをコピーしました!
目次

概要

AI(人工知能)技術の進化により、今や誰でも簡単に文章を生成することが可能になっています。
しかし、この技術が性犯罪の加害者側弁護士によって、被害者への謝罪文作成に使われたという事例が浮上し、物議を醸しています。
関西地方のある男性弁護士が、性犯罪で逮捕された依頼人のために、対話型AIサービス「チャットGPT」を使って謝罪文を作成したことが判明。
依頼人自身が書いた簡素な謝罪文では被害者に対する配慮が足りないと感じ、より適切な内容の謝罪文をAIに作成させたといいます。
この弁護士は、AIを使った謝罪文作成について「特に問題はない」との見解を示し、今後も使用する可能性があると話しています。
しかし、犯罪被害者支援を行う専門家からは懸念の声が上がっています。
大阪弁護士会の奥村昌裕弁護士は、「謝罪文は加害者の真の反省を確認する手段であるべきだが、AIによって作成されたものでは、その真摯な反省が疑われる」と指摘しています。
さらに、「AIで作成されたことを知った被害者は、二次的な傷害を受ける可能性がある」と懸念を表しています。
この事例は、技術の進歩が法的なプロセスにどのように影響を与えるか、また、人間の感情や倫理とどう共存すべきか、という重要な議論を提起しています。

街角の声

30歳・男性: 「AIがこんな風に使われるなんて驚きです。技術自体は素晴らしいけど、謝罪文くらい自分で心を込めて書くべきだと思います。被害者の気持ちを考えると、AIが書いたものじゃ心がこもっているとは思えないですね。」

25歳・女性: 「謝罪文をAIに書かせるなんて、人間らしさがないと感じます。謝罪する側の真摯な反省が伝わってこないと、被害者にとっては何の意味もないのではないでしょうか。もし自分が被害者だったら、納得できないです。」

45歳・男性: 「文章が苦手な人がいるのは分かるけど、それにしてもAIに謝罪文を任せるのはどうかと思う。ただ、これを機にAIの使い方について、倫理的な議論が進むきっかけになるかもしれない。」

60歳・女性: 「今の時代、AIの進化は目覚ましいものがありますが、全てにおいてそれに頼るのは良くないと思います。特に、謝罪のような人と人との感情が絡む場面では、人の手で行うべきだと強く感じます。」

20歳・男性: 「AIがここまで進化しているのはすごいけど、謝罪文をAIに書かせるのはちょっと…。謝罪ってのは、自分の言葉で気持ちを伝えることが大事だと思うので、その点で少し疑問を感じますね。」

35歳・女性: 「テクノロジーの活用は日々進化していて便利だけど、このケースでは少し違う気がする。謝罪は心からのものでなければ意味がない。AIが介在することで、その心が伝わりにくくなるのではないかと心配です。」

40歳・男性:「生成AIの使用は、非常に多くの可能性を秘めていますが、その一方で、倫理的なジレンマを引き起こすことも少なくありません。特に、人間の感情や道徳的な問題が絡む場面での使用は慎重であるべきです。今回の事件は、AIが提供する便利さと、それを使うことで失われるかもしれない人間性との間の緊張関係を象徴しているように思えます。」

42歳・女性: 「AIを使う際に最も重要なのは、その使用が人間の尊厳にどう影響するかを考えることです。謝罪文のように、本来は個人の内面から出てくるべき言葉をAIに生成させることは、その行為の意味を薄め、受け取る側の感情を傷つける可能性があります。テクノロジーの使用は、人間性を豊かにするためにあるべきで、その点を見失ってはなりません。」

55歳・男性: 「AIの進歩により、我々は前例のない倫理的問題に直面しています。特に、生成AIが人間らしい文を作り出せるようになった今、それをどのような文脈で使うかは慎重に考える必要があります。技術そのものは倫理を持ちません。だからこそ、使用する私たちが倫理観を持って使用する必要があります。」

29歳・女性: 「今回の事件は、生成AIの使用が社会に与える影響を考える良い機会を提供しています。AIによって作られた謝罪文が、被害者にとって受け入れがたいものである可能性を示しています。AIの使用においては、技術的な可能性だけでなく、社会的な受容性や倫理的な観点からの検討が不可欠です。」

31歳・男性:「生成AIの使用に関する倫理的な検討は、ただ単にその行為が正しいか間違っているかを問うだけではありません。それが持つ社会的な意味、特に人間関係において重要な役割を果たす行為にAIをどう組み込むか、という問題です。謝罪文生成の事例は、AI使用の倫理的な枠組みがまだ十分に確立されていないことを示しており、今後の議論の出発点となり得ます。」

まとめ

  • 生成AI「チャットGPT」を使い、性犯罪の加害者側弁護士が被害者への謝罪文を作成した事例がある。
  • 当該弁護士は、より丁寧な謝罪文を目的にAIの使用を選択。
  • 犯罪被害者支援の専門家は、AIによる謝罪文作成が加害者の真の反省につながらないと疑問視。
  • 謝罪文は、加害者が手書きし、刑事処分の際の情状酌量を求める目的で提出された。
  • 弁護士はAIの使用を問題視しておらず、効率化の一環として位置づけ、将来も使用する可能性を示唆。
  • 対照的に、他の弁護士は、謝罪の真意が問われ、AI作成の事実を知った被害者が二次被害を受ける恐れがあると指摘。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次