MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー

海苔漁師がピアニストへ!フジコ・ヘミングさんのピアノ演奏に感銘を受けた徳永義昭さんとは何者か?

  • URLをコピーしました!
目次

概要


異色のピアニストが話題になっています。
それは佐賀市で海苔漁師として40年以上のキャリアを持つ徳永義昭さんです。
徳永さんは、50歳を過ぎてから独学でピアノを始め、フランツ・リストの難曲「ラ・カンパネラ」をマスターし、現在では様々なステージで引っ張りだこになっています。
さらに彼をモデルにした映画も制作されるほどです。
徳永さんの海苔漁師としての生活は過酷で、10月から3月の間、毎日長時間の作業を続けていました。
しかし、春から秋にかけては仕事が一段落し、従来は酒宴やパチンコに時間を費やしていましたが、ある日、彼の人生に大きな転機が訪れます。
50歳を過ぎたころ、徳永さんはパチンコで大損して落ち込んでいました。
その底から彼を救ったのは、ピアニスト・フジコ・ヘミングさんの演奏する「ラ・カンパネラ」でした。
テレビでその演奏を見た徳永さんは、この曲を弾くことを決意します。
長らく自宅でピアノ講師の仕事をしてきた妻・千恵子さんからは「無理だ」と言われましたが、それがかえって彼の意欲をかき立てたのです。
徳永さんは千恵子さんの所有する楽譜を基に独学で練習を始め、YouTubeで見つけた「ラ・カンパネラ」の光る鍵盤の動画を参考にしながら、一生懸命に練習を重ねました。
その結果、3ヶ月後には一曲を通して弾けるようになり、その後も練習を続け、徐々に上達していきます。
練習の成果を発表する機会も訪れ、YouTubeに投稿した動画は大きな話題を呼び、多くのステージで演奏するチャンスを得るに至りました。
さらに、2019年にはフジコ・ヘミングさんの前で「ラ・カンパネラ」を演奏する機会を得て、彼女から「あなたの人間性が音に伝わっている」という賛辞を受けました。
徳永さんはその後もフジコさんから度々コンサートの前座を依頼され、2021年には北九州市でのコンサートで前座を務め、佐賀でもコンサートが企画されるなど、彼のピアニストとしての道は大きく広がっていきました。
海苔漁師としての生活は続けながらも、ピアニストとしての新たな一面を開花させた徳永さん。
彼の音楽への情熱と人間性が、多くの人々に感動を与え続けています。

街角の声

54歳女性: 「徳永さんの話を聞いて本当に勇気をもらいました。彼は50歳を過ぎてからピアノを始めたというのですから、私たちも新しいことに挑戦するのに遅すぎるということはないんだと感じます。彼のように、いくつになっても夢に向かって努力する姿勢が大切だと思います。」

39歳男性: 「徳永さんの物語は、まさに『人生何が起こるかわからない』ということを教えてくれますね。自分も仕事で行き詰まりを感じていたのですが、彼のように一歩踏み出す勇気が必要だと感じました。いつからでも変われる、始められるというメッセージがとても励みになります。」

21歳女性: 「徳永さんのように、年齢を理由に諦めずに新しいことにチャレンジするのが本当に素晴らしいと思います。彼のピアノに対する情熱や、それを続ける強い意志を聞いて、私も自分の勉強にもっと集中してみようと思いました。彼のストーリーは、多くの人にとっての希望の光ですね。」

47歳男性: 「50歳からピアノを始めて、こんなに素晴らしい演奏ができるようになるなんて、徳永さんは本当に刺激的な存在です。自分もこれから何か新しい趣味を見つけて、第二の人生を楽しんでみたいと思います。徳永さんのように挑戦する勇気を持つことが大切だと教えられました。」

65歳女性: 「私のような年齢でも、まだまだ新しいことに挑戦することができるという徳永さんの物語には本当に勇気づけられます。彼がピアノを通じて人生がどれだけ豊かになったかを見て、自分も新しいことに挑戦してみたいと強く思いました。歳をとっても学びは終わらない、というのが彼からの大切なメッセージだと思います。」

まとめ

  • 徳永義昭さんのプロフィール:
    • 佐賀市出身、元海苔漁師で40年以上のキャリア。
    • 50歳を過ぎてからピアノを独学で始める。
    • フランツ・リストの「ラ・カンパネラ」をマスター。
  • ピアノを始めた経緯:
    • パチンコでの大敗後、人生に行き詰まりを感じる。
    • フジコ・ヘミングのピアノ演奏に触発され、「ラ・カンパネラ」の習得を決意。
  • ピアノ練習と進展:
    • 長らく自宅でピアノ講師の仕事をしてきた妻・千恵子さんの楽譜を使用し、YouTubeなどを参考に独学。
    • 練習を続け、段々と上達し、YouTubeに練習過程を投稿。
    • 演奏動画が話題となり、多くのステージに招かれるようになる。
  • 特別な公演と評価:
    • 2019年、フジコ・ヘミングの前で「ラ・カンパネラ」を演奏し、称賛を受ける。
    • フジコ・ヘミングからコンサートの前座をオファーされるが、忙しい海苔の仕事のため断る場面も。
  • 人生への影響と周囲の評価:
    • ピアノを通じて徳永さんの生活や人生観が大きく変わる。
    • 地元佐賀でのコンサートも企画され、地域社会にも影響を与える。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次