MENU
bekichi
私の趣味から得た情報からちょっとした日常の出来事まで、多岐にわたるトピックを発信しています。このブログが皆さんの生活に新しい風を吹き込むきっかけとなれば幸いです。どうぞ、お気軽にお付き合いください!
アーカイブ
カテゴリー

可愛すぎると評判のサッカー選手!リヴァプールFCウィメンの魅力的なミッドフィールダー長野風花さんとは何者か?

  • URLをコピーしました!

目次

はじめに

日本女子サッカーの未来を担う若きスター、長野風花選手についてご紹介します。
彼女は東京都江戸川区船堀出身で、現在イングランドのリヴァプールFCウィメンに所属し、日本女子代表としても活躍しています。
守備的ミッドフィールダーとしての彼女のプレースタイルや成長の軌跡を辿りながら、その魅力に迫ってみましょう。

幼少期の始まり

長野風花選手がサッカーと出会ったのは、5歳の時でした。
地元のサッカークラブ、FCパルティレに所属していた兄たちの練習を見学し、母親に「一緒にやっておいで」と促されてサッカーを始めました。
彼女はすぐにその魅力に取りつかれ、小学生の頃は男子に混じってプレーする一方で、女子の大会には江戸川レディースの登録メンバーとして出場していました。
2009年には江戸川トレセン、2010年にはナショナルトレセンU-12関東に選出され、その才能は着実に開花していきました。

成長の中学時代

中学進学時には、より高いレベルでサッカーをしたいという強い意志を持ち、浦和レッズレディースJr.ユースのセレクションを受けて合格しました。
ここで彼女は中心選手として活躍し、2014年には15歳でトップチームに登録されました。
また、2012年には日本女子代表としての活動も始まり、JFAエリートプログラム女子U-14トレーニングキャンプやU-14日本女子選抜韓国遠征などに参加し、さらにその才能を磨いていきました。
13歳でナショナルトレセン女子U-15東日本に選出され、U-16日本女子代表として初ゴールを記録するなど、飛び級での活躍も目立ちました。

高校時代の挑戦

2014年、都立飛鳥高校に進学した長野選手は、クラブではユースとトップチームを掛け持ちしながら成長を続けました。
同年、FIFA U-17女子ワールドカップに最年少選手として参加し、日本の初優勝に大きく貢献しました。
特に準決勝のベネズエラ戦での先制ゴールは、チームに勢いをもたらす重要な得点でした。
2015年にはU-16日本女子代表のキャプテンとしてAFC U-16女子選手権に出場し、見事にU-17W杯出場権を獲得しました。
2016年には自身2度目のU-17W杯に出場し、個人としても注目を集めました。

海外挑戦と飛躍

高校卒業後の2018年、長野選手は韓国の仁川現代製鉄レッドエンジェルズへ移籍し、新たな環境でさらなる成長を遂げました。
ここでの経験が彼女のプレースタイルに新たな幅をもたらし、その後、イングランドのリヴァプールFCウィメンに移籍しました。
海外での挑戦を通じて、彼女は一段と成長し、世界の舞台で活躍する姿を見せています。
2018年のU-20ワールドカップでは、日本女子サッカー史上初の優勝に大きく貢献し、個人としても素晴らしいパフォーマンスを披露しました。

現在の活躍

2023年には、2023 FIFA女子ワールドカップのなでしこジャパンに選出され、その実力を世界に示しました。
さらに、2024年のパリオリンピックに向けても、代表メンバーとして選ばれ、さらなる活躍が期待されています。
長野選手の得意なプレーは「ためをつくること、起点となるパス」であり、的確な状況判断からのパスや守備が持ち味です。
その縦パスの質はトップリーグでも通用するほどであり、彼女の存在はチームにとって欠かせないものとなっています。

おわりに

長野風花選手のこれまでの道のりは、努力と情熱に満ちています。
彼女のプレースタイルや考え方は、多くの若い選手たちにとって大きな刺激となるでしょう。
これからも彼女の活躍から目が離せません。
長野風花選手のさらなる飛躍を期待し、応援していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次